日本で働く!みんマに入社するまでに必要なこと

みんなのマーケット(以下みんマ)では、最近少しずつ海外からの応募者数も増えています。外国籍社員が6人、12月にもまた新たな仲間が1人増えました♪

今回は、実際に海外から入社した社員に話を聞きながら、入社までの流れをご紹介していきます。日本で働きたいけど不安だなと感じている人は、ぜひ参考にしてみてください!

IMG_1694.JPG

プロフィール

名前:林 俊明 (Lam Chun Ming)
部署:tech
出身地:香港
入社年月日:2018/8/16
好きな食べ物:🍖🍖🍖(基本はお肉、あとはお菓子が大好きです)

IMG_1721.JPG

ーお仕事は何をやっているの?

今はSREチームに勤めてます。仕事の範囲はバグの対応からインフラストラクチャーの設計に至るまで全て含めます。最近やってることは、サーバーに対する負荷テストと開発者のツールの開発です。

ー今勉強している言語や環境、ツールはなに?

shell scriptとdockerのことを勉強してます。便利なshell scriptを作れば、開発はしやすくなります。皆さんは同じ環境で開発するために、既存のマイクロサービスのdocker化をしてます。勉強しながら、チームのため最善の方法を選んで、開発しやすい環境を作ってます。                                                      

日本語を学ぼう

面接する際や業務での会話は日本語でのコミュニケーションが必要になります。

片言でも積極的に話そうとする姿勢が大事です!みんマでは全部署の社員とコミュニケーションが必須になるので、だいたい日常会話レベル〜日本語を話せる方が多いです。


ー林さんは日本語がとても上手ですよね。日本へ来る前はどんな方法で日本語勉強していたの?

いえいえ、まだまだです。大学生の時、1年間日本語の授業を受けていました。あとは独学です。


ー(謙遜の仕方がもう日本人ぽい...笑)オススメの学習方法はある?

ドラマが好きなのでよく日本のドラマを見ていました。最初に見たドラマは「コードブルー」です。3rdシーズンまで見てます。「ごめんね、青春」「プロポーズ大作戦」も面白かったです。参考書だと普段使わない日本語が多いので、ドラマや音楽の方が勉強になります。あとは辞書ですぐ調べられるようにしていました。


ー実際に日本語での面接はどうだった?

10社くらい受けましたが1番最初は全然うまく話せませんでした。でも回数を重ねることに上達していきました。面接も日本語勉強のひとつです!

ーポジティブすぎて眩しい...

くらまくん.jpeg

みんマでは入社後1日でも早くメンバーや環境・お仕事に慣れてもらえるよう、「日本語学習のサポート」体制があり日本語レッスンを受ける事が出来ます。






ビザ・在留資格を申請しよう


みんマへの入社が決まったらビザと在留資格の申請をします。

必要な申請書類を準備して、審査が通ったら『現地の日本大使館・領事館でビザ取得→来日→日本の空港で在留資格カード取得』といった流れで完了です。申請時期によっては審査に期間がかかることがあります!(約2~3ヶ月位)

申請のために準備するものはこちらです。

・パスポートのコピー(写真・No等記載のページ)  Passport copy

・証明写真(縦4cm×横3cm)1枚 (過去3ヶ月以内に撮影したもの)  ID photo(4×3cm)

・履歴書(学歴、職歴、婚歴等) ※様式自由  
Resume(academic background,career,Marital status etc)
※ 最終学歴の学校・学部名,卒業年月
 Educational background,department,Graduation date
※ 職歴がある場合、会社名,就職・退職年月,従事内容等
 Resume→company name,finding employment,Retirement date,Job Description etc

・卒業証書・学位証書のコピー(鮮明なもの)
Graduation certificate,Degree certificate copy

・資格証明書等のコピー(日本語検定や各種資格を取得している場合)
Various qualifications copy

これらの書類が揃ったら、会社にデータを送付します。

くらまくん.jpeg

申請はみんマの委託している行政書士さんが行ってくれます。申請が通るタイミングは人それぞれなので引越しの準備などしておくと良さそうです。

スクリーンショット 2018-12-12 17.11.57.png

ちなみに林さんは、メガネをかけたまま証明写真を撮ったら、申請する時に取り直しになったようです...。素の顔が認識されないと申請が通らないこともあるようなのでお気をつけ下さい!

 


ようこそ日本へ👏!

待ちに待った日本での生活!新しい生活やお仕事、日本の食べ物・文化など楽しみなことはたくさんありますが、まずやらなければいけない5つの手続きや準備があります。

・住民登録と在留カードへ住所記載 Resident registration and residence card registration 

・年金手帳 pension book

・携帯番号 mobile phone number

・マイナンバー登録 My number registration

・銀行口座 bank account

ー林さんが手続きしてこう進めると効率がいいなって思った順番を教えてください!

まずやるべきことは『①住民登録・在留カードへの住所登録』ですね。住所がないと他の手続きもできないです。その次が『②マイナンバー登録・カード発行』だと思います。市役所か出張所で登録できるので住所登録と一緒に済ませるといいです。 


ーなるほど!同じ日のうちに登録できそうですね!ちなみにマイナンバーカードは2週間程度で届くようです。

次は『③携帯番号の申請』です。住所と同じく家具や電気の配送、口座の開設に必要になります。住所と電話番号が揃ったら『④銀行口座』が開設できます。

ーちなみに...日本で初めて就業する人は「ゆうちょ銀行」での口座開設をおすすめします。日本滞在期間が6ヶ月未満だと、規定によっては口座の開設ができない銀行が多いのですが、ゆうちょ銀行は6ヶ月未満の方でも開設できるようです。

最後が『⑤年金手帳』です。年金手帳は市区役所でも申請できるけど手元に届くまで1ヶ月半くらいかかると言われました。私は急ぎだったので年金事務所で申請して当日に受け取りました。

ー年金事務所だと早めに受け取れるんですね!確かにこの順番だと待っている間にできることがあって効率が良さそうです。これらの手続きをするときは一人でやっていたんですか?

基本的には自分で進めましたが、困ったことがあったら日本にいる友人やみんマの外国籍の先輩社員に聞いていました!



ー同じ経験者がいると安心ですし、心強いですよね!

そしてもう林さんも先輩社員の一員です。 海外から入社してくれる方がいたらぜひ一緒に力になってあげてくださいね^^


おまけインタビュー

林さんが日本に来て4ヶ月ほど経ちました。実際の生活はどうでしょうか。

IMG_1689.JPG

ー日本に来て大変なこと、苦労していることは?

やっぱり日本語でのコミュニケーションですね。入社する時は半分くらいでしたが、3ヶ月後の今はもう大体わかります。

生活面では、ゴミの出し方にはまだ慣れてません。香港ではゴミは分類しませんし、いつでも出せます。

日本では週に一二回(可燃のみ)しか出せない上、収集の日の朝出さないといけないので、早起きに苦手な僕にとってはかなり難しいことです。

ー日本に来て楽しかったこと、嬉しかったことは?

考え方が違うのは外国人の魅力だと勝手に思ってます。逆に日本で働いてる僕にも、同僚の考え方は魅力的です。時々同僚と違う意見を持って話し合って、本当に勉強になります。お互いから学ぶのは楽しいです。

香港では、家賃が高いすぎて一人暮らしは無理です。実家が小さいので、自分の部屋がありません。なので、今一人で暮らせるのはとても嬉しいです。

ー林さんの今後やってみたいことやこれからの目標は?

やってみたいことは日本語でプレゼンテーションすることです。外国人の僕にとって、コーディングより日本語はもっと難しいと思います。まだペラペラには喋れませんが、挑戦したいって感じです。

短期的な目標は、来年のN1試験でいい成績を取ることです。今会社のおかげで、毎日日本語の授業を受けて頑張ってます。長期的な目標は、知識の幅を広げて設計能力を上げ、よりいいエンジニアになりたいです。


林さん、一緒に頑張りましょう!今日はたくさん説明してくれてありがとうございました!

いかがでしたか?日本で働きたいと考えている方、いま日本語学校に留学中という方も大歓迎です!ぜひご応募お待ちしています♪