アウトプットの場を自ら作れる会社

みなさんこんにちは!コンサルタントのCHOです。

暖かくなってきて、過ごしやすい季節になってきましたね!

4月!ということで、新しい生活が始まった方も多いのではないでしょうか?みんなのマーケットにも6名の新卒社員が入ってきました!「同期っていいな〜若いっていいな〜」と刺激をもらいつつ僕も心機一転しました!

僕が新卒で初めて社会に出た頃は、“自主性”が大事だって耳にタコができるくらい言われてました…。みんなのマーケット(以下みんマ)はその“自主性”という部分をとても大事にしている会社です。自主的に「発言」したり「行動」することに対してみんな応援してくれますし、他の会社だとたまにある「空気読めな・・・・」みたいなことはほとんどありません。また、過去のブログではみんマの自由な雰囲気をご紹介していますが、もちろん仕事においては別です。自由な環境の中で最大限の成果を出すために、それぞれが“自主的に”スキルアップを図っています。

今回は、そんな環境の中で僕がスキルアップのためにやってきたことを紹介します!



【プレゼンテーションの場を“自主的に”作る】

まずは必要な知識をインプットするため、「営業の『聴く技術』」という本を読みました。もともと本を読むこと自体があまり得意ではなく、今までも数えられるくらいしか本を読んで来なかったんですが、コンサルタント業務で行き詰まっているときに上長がおすすめしてくれました。

その本がこちらです。

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/447808260X/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_YGdUCb9R6J614

引用:https://www.amazon.co.jp/dp/447808260X/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_YGdUCb9R6J614

営業をやってる人にはおすすめの一冊です!



ただ、本を読んだだけで本当にいいのか!?頭では理解できたけど実践に活かせるのか!?と思い上長に相談したところ…

「アウトプットすればええやん」

というアドバイスをいただいたので、本で学んだことをチームメンバーにプレゼンすることになりました。

ということで、早速コンサルメンバーの貴重な30分をいただいて招集に成功!!


いざ、出陣!!!(めっちゃくちゃ緊張してます)

Image from iOS (8).jpg

(やばい….。言おうとしてた台詞飛んだ….。)

(目線が怖い…えええい!関係ない!自信をもて〜!!!)

Image from iOS (9).jpg

(ドヤァ〜〜〜〜〜)


なんとか発表がおわり、質疑応答タイム!

(質問されたことに戸惑ってる様子・・・)

(質問されたことに戸惑ってる様子・・・)

「この本を読んでこれからCHOくんはどういうところを変えようと思いましたか?」「このプレゼンは本の感想ですか?それとも書いてあることの発表ですか?」など、鋭い質問もありつつ、無事にプレゼンは終了しました。



が、これだけでは終わりません!

今回の目的は本の内容をしっかりとアウトプットすることです!それが伝わっていないと意味がない!

ぶっちゃけどうだったのか?というフィードバックをいただくために3名のチームメンバーに突撃取材をしました!


コンサルタント うぇいさん

image3.jpg

CHO「ぶっちゃけ、プレゼンどうでしたか?感想を聞かせていただきたいです!」

うぇい「ジャケットでキメてるなぁ〜と思った!気合い入ってるのが伝わった!」

CHO「うっ…(恥ずかし)」

うぇい「真面目な話をすると、前提が抜けてしまった感があったので、プレゼンの目的が伝わらなかった!」

CHO「あ〜…緊張しすぎて一番大事な部分飛んじゃったんですよね…」

うぇい「実務で活かせそうな部分を要約して欲しかった!次はディスカッション形式でやるのもいいかもね!」

しっかりとダメ出しをしていただき、改善案まで出していただけました!次に活かします!

さぁ、気を取り直して次に行きましょう!


コンサルタント SHIBUYAさん

image5.jpg

CHO「プレゼンについて、ぶっちゃけの感想をください!!」

SHIBUYA「緊張してるの丸分かりだったw緊張したり困ったりすると、ハイ、って間を取る癖あるよね」

CHO「確かに…めっちゃ緊張してました!!」

SHIBUYA「でも、プレゼン自体はよかった!堂々としてて。内容は自分のことのように捉えながら聞いてた。」

CHO「まじすか!めっちゃ嬉しいです!役に立てた!(もっと褒めて欲しい顔)」

SHIBUYA「でも、なんでこれやろうと思ったの?」

CHO「え?読んだ本アウトプットして、何かみんなの役に立てばと思って!」

SHIBUYA「えwそれ言ってないからわかんないじゃん」

CHO「さっきうぇいさんにも同じこと言われました…前提なかったんですよね…気をつけます!」


自分では気がつかない癖まで見抜いてくれたSHIBUYAさん。第三者からだと自分では意識していない点でもフィードバックをもらえるので面白いしためになりますね!褒めてくれたと思ったら、最後に核心をつく一撃!!!やっぱり目的を先に伝えるのは重要ですよね。




さぁ、最後の一人を探しに行きましょう〜


みなさん、自分が頑張ったことって褒められたいですよね?ね?

これはもうベタ褒めしてくれる人を探すしかない!!!……..いた!



(すっごい褒めてくれそうな人)コンサルタント 嵐くん

image1.jpg

CHO「ここに来て初の男性コンサルタントにインタビュー!嵐くんはベタ褒めしてくれると信じて…!プレゼンについてぶっちゃけどうだった?」

「この時間あってよかった!めっちゃ堂々としてて発表も上手かった!!!いい言葉メモったし!!」

CHO「え、、、そう、、?ありがとうございます(褒めて欲しいくせにめっちゃ照れる)

「でも、なぜこれやろうと思ったのかはわからなかった。」

CHO「はい、すいません。次回以降気をつけます。(3度目の核心)」

「でも、僕は絶対これできないです。人前で話すの苦手だし、自分からはできないです。」

CHO「僕も苦手だけど挑戦して良かったです!」

「素直にこういうことやる行動力がすごいと思いました!行動力がある人がいて、ちゃんと実行までできる会社だなぁ〜って改めて感じた!!」

CHO「こういうことが自分発信でできる会社ってあんまりないですよね。大手企業とかだと特に。」

予想通り、めっちゃ褒めてくれてありがとう!嵐くん!(ノリノリで気分良くブログを書くCHOであった)


みんマでは、自主的にスキルアップの場を設けることができますし、なおかつチームメンバーが協力的なのがいいところです!たくさんの人に協力いただいているので自分だけのスキルアップではなく、聞いてくれた人たちにとってもプラスになるようなものにしなければ...!という良い意味でのプレッシャーもありました。

また、個々のスキルアップが会社の大きな成果につながっているという考えが前提としてあるため、こういう場にも協力的な人がたくさんいます。スキルアップもしながら会社の成長も感じられる職場で働きたいなと考えている方、ぜひ応募してみてください!