猫のいるオフィス、○○○は気にならないの?

暑さも厳しくなり、みんなのマーケットの「彼ら」も日の当たらないところを探し回るようになりました。

 

そう、毎度おなじみ、ムチムチわがままボディのシーさんと、夏になり食欲が旺盛なジャンゴくんです。

 △この時期は日なたギリギリを攻めるシーさん

△この時期は日なたギリギリを攻めるシーさん

 △ギリギリ日陰です

△ギリギリ日陰です

 △クーラーが直接当たらない席がお気に入りのジャンゴくん

△クーラーが直接当たらない席がお気に入りのジャンゴくん

さて、今日のテーマはペットを飼っていない人にあるあるな疑問です。


「猫のいるオフィス、においはどうなの?」
 

平成22年に内閣府が行なった調査でも、18%の人が「ペットを飼わない理由」に「鳴き声・悪臭などで近所に迷惑がかかるおそれがあるから」と回答しています。

オフィスから一歩も出ない、お風呂にも入らない猫たちのにおい…気になる実態を体を張って調査します。


 

①猫たち本体のにおい
まずはもちろん彼ら自身からチェックします。
お昼寝中の2匹に近づき、お腹をクンクンしてみます。

今日のシーさんは暖かい日向のにおいに、少しだけ香水(柔軟剤?)のにおいがしました。いつも撫でてもらっている社員さんの香りでしょうか?

もしくは、誰かの椅子で寝ているときに移ったのかもしれませんね。

一方、今日のジャンゴさんは、同じく日向のにおいとちょっぴり猫ご飯のにおいがしました。食後に体をペロペロしたのかもしれません…(複雑な気持ちです)

一部の社員は「毎日彼らの香りは変わる」と主張しています。だいたいが日向の甘いにおいらしく、業務の合間に癒しを求める社員が堪能しているようです。

 △肉球はポップコーンの香り…?

△肉球はポップコーンの香り…?

②オフィス全体のにおい
次は、猫の好き嫌いに関わらず、長時間滞在するオフィスのにおいをチェックです。まだまだ初出社時の記憶が新しい、新卒+インターンの10人に聞いてみました。
 

Question:面接の時、初出社の時、「猫クサっ!」と思ったことはありますか?

Answer:くさいと思ったことはない...9人 場所によってはきになる...1人


ということで、オフィスそのものが猫くさい…という訳ではなさそうです!

では、「場所によって」とはどこなのでしょうか?
 

③禁断の場所のにおい
猫飼いの人をも悩ませる、猫のにおいといえば…そう、トイレの「ブツ」のにおいです。

会社で飼われている猫ちゃん用のおトイレはどこにあるのでしょうか?

 △オフィスの一角にあるトイレスペース

△オフィスの一角にあるトイレスペース

こちらがおトイレです!お仕事スペースからは離れた、壁際に設置されています。
意を決して近づくと、ペットショップで嗅いだことのある猫臭が…!

ただ、毎日社員がきれいに掃除をしているため、よほど近づかない限りはあまり気になりません。(目の前に社員がご飯を食べるソファスペースもありますしね…)

 

④意外だった!?”アレ”のにおい
最後はこちら、おふとんです。

 △ブランケットをかけてもらったジャンゴくん

△ブランケットをかけてもらったジャンゴくん

シーさんジャンゴくんが代わる代わる使うおふとんです。すっかりくたびれていますが、においはどうなのでしょうか?ざわつく周囲の視線を気にせず鼻を近づけて嗅ぐと…

ムッ…
無臭でした!

絶対何かしらのにおいがするだろう…と思っていたのでびっくりです。


 

ということで、今回の調査結果です!

「猫のいるオフィスは、ほとんどの場所は猫くさくない。けど、トイレ付近はちょっと気になる。」

猫トイレはオフィスの端にありますので、猫嫌いな人でも快適に過ごすことができそうです!

 

*おまけ
今回の調査でわかったことがもう1つあります。

「みんマの社員は猫をクンクンしても温かい目で見守ってくれる」

猫のいるオフィスは猫を嗅ぐのが好きな人にも優しい環境でした!

 

みんなのマーケットに「なんかいいな!」と思ったら、猫が好きでも苦手でも、ぜひ「採用情報」へ。

私たちはいつでも一緒に働く仲間をお待ちしています!