宮崎オフィスで働いている人ってどんな人...?どんな働き方...?

こんにちは!

今回は宮崎オフィスの勤務実態やメンバー構成についてご紹介していきます。

全社のメンバー構成(こちら ページの一番下にあります)や勤務実態(こちら)については、今までお伝えをしてきましたが、今回は宮崎オフィスにフォーカスを当ててご紹介したいと思います。

まずは基本的なメンバー構成から。


【平均年齢】  30.9歳

今のところメンバーの全員が20代、30代です。会社として「年齢が高い方は採用しない」という方針があるわけではありませんが、インターネットの会社という事で、比較的年齢の若い方にご応募いただく事が多いです。
 


【男女比】

スクリーンショット 2018-05-16 14.41.14.png

宮崎オフィスでは女性メンバーが非常に多いです。意識して積極的に女性を採用しているわけではありませんが、結果的に女性が多くなりました。しかしながら、男性が働きづらいということもありません。かく言う私も男性ですが、働きづらいと感じたことはありません。

会社のカルチャーもそうですが、みんなオープンマインドで良い人たちなので、全員でコミュニケーションをとりながら、良い雰囲気で仕事ができています。
 

先月入社した男性メンバーからはこんなコメントをもらいました。

“初めは「女性が多いな」とは思いましたが、みんな話しかけやすく、また話しかけてくれるので、すんなりメンバーの輪に入っていくことができました。’女性だけで固まる’ってことがない会社なので、女性/男性というくくりは入社してからほとんど意識しないですね。”

これは私も感じます。男女で壁が一切ないってすごくいいです。
 


【お子さんいる人/いない人】

スクリーンショット 2018-05-16 14.56.03.png

お子さんがいる人の方が多いです。先ほどご紹介しましたが、女性が多数を占めるため、つまり“ママさん”が多いですね。

そのため、「子どもの体調が悪くどうしても休まなければいけない」「保育園から呼び出しがあって急いで向かわなければいけない」そういった事情でのお休みや早退は、みんなでフォローし合うカルチャーができています。

 

お子さんがいる女性メンバーからはこんなコメントをもらいました。

“やっぱりお母さんが多いから、「自分だけじゃない」という面で休むことに気まずさが少ない。というのは非常に嬉しいです。(お願いしなきゃいけない業務がないわけじゃないから、やっぱり申し訳ないって想いもある。でも、)業務の体制も自分の頑張りで成績に反映されるようになっているので、「休んだところで自分の成績に反映されるだけ」というのはいいですね。もちろんその分を他の日で頑張らないといけないんですけど、休むときには「次の出社で頑張ればいいんだ」って良い意味で開き直れます。”


みんなのマーケットの働き方の一つに“Managers of one”(詳しくはこちら)というのがあります。ざっくりご説明すると、これは“各自が自分自身をマネジメントできるようにしよう”というもので、その働き方の一つの現れかなぁ、と思います。

また、当社は「子連れ出社OK」なので、「子どもに熱があり、保育園は預かってくれないけど、とっても元気」といった時にお子さんを連れて出社する。ということができたりします。

誤解が無いようにお伝えすると、「保育園や幼稚園などに預けず、毎日子どもを連れて出社して良い」ということではありません。「転園で一時的に預けられないからその期間だけ」とか「子どもが元気なんだけど、熱があって預けられない」といったケースでみんな気兼ねなく子どもを連れて出社しています。(やっぱりお子さんがいると集中して仕事をすることが難しい場合がありますからね。)

また、ネガティブな理由だけでなく、夏休みなどを利用して、小学生や中学生のお子さんを会社に連れてくるケースもあります。お父さんやお母さんの職場に普通に連れてこれるって、手前味噌になってしまうけど、すごく素敵だなぁって感じます。


お子さんを連れて出社する女性メンバーからはこんなコメントをもらいました。

“初めはそう謳ってるだけで、実際は「空気読めよ。連れてくるなよ。」っていう雰囲気があるのかなとか思ったんですけど、全くそんなことありませんでした。みんな普通に連れてきてますね。前の会社では子どもの体調を考えた時に「休むか」「出社するか」の2択だったのに、今ではそこに「子どもを連れて出社する」っていう3つ目の選択肢ができたことですごく助かってます。”


他のメンバーからは当社ならではのこんな困ったエピソードも。

“子どもが会社に来るのが好きになってしまって、体調が悪いと「やったー!今日は会社いける!」と喜んで大変な時もあります。「あなた体調悪いんだからゆっくり寝ててよ」と思いますよね。全然言うことを聞いてくれない時は、とりあえず一度連れて来て、できる仕事だけしてすぐに帰ったり。なんてこともあります。”

特に宮崎オフィスは子どもが本当によく来ます。それをメンバー全員が受け入れているというのが、ものすごく貴重だなぁと感じます。

IMG_20180517_105357 (2).jpg

お子さんが怪我して、オフィスに連れてきていたメンバーがいたので、写真を撮らせてもらいました。お母さんが仕事をする横で、息子さんは動画を見ています。
 


【勤務時間】

スクリーンショット 2018-05-16 15.47.22.png

これはとある日の出社時刻と出社人数の分布です。(いつもこんな感じです。)東京オフィスに比べると若干、出社時刻が早い傾向にあるかなと思います。これはお子さんがいるメンバーの割合が多く、子どもを送ってから出社しているためです。

退勤時刻はというと15時過ぎくらいから徐々に帰る人が出始め、20時になると残っている人はほとんどおらず、21時には全メンバー帰宅していることが多いです。出社できない時間に対応しなければいけない案件が出た時はメンバー同士でフォローし合って対応しています。


朝が苦手なメンバーからはこんなコメントをもらいました。

“自分は朝が苦手なんですが、この会社に入ってから逆に目覚ましをセットしなくなりました。朝は自然と目を覚ました時間に起きるので、「ちゃんと睡眠がとれてるな」って感じます。毎日ちゃんと睡眠が取れてリフレッシュできるから、日々の業務もしっかり集中して頑張れるんだと思います。”


会社員で目覚ましかけない人を初めて見つけました。こうやって、自分に合ったベストな仕事への取り組み方を見つけることができるのも、みんなのマーケットのいいところかもしれません。

以上が宮崎オフィスの働き方、働いている人の紹介でした。