新卒1年目にしてマネージャー、副業:プロゲーマー!?謎の男「ハットリくん」の全貌に迫る

みなさんこんにちは。

みんなのマーケット(以下みんマ)は昨年度から正式な新卒採用を開始しました。今年の新卒(18卒)は総勢9人、北は栃木 南は宮崎、西は北京まで個性豊かなメンバーが揃いました。その中でもひときわ異彩を放つ男がいます。

「新卒1年目にしてマネージャー、副業:プロゲーマー」その名も忍者ハットリくんです。

情報量が多すぎやしないか?今回は彼の全貌に迫りたいと思います。

 プロゲーマーとして欠かせないのは「腱鞘炎予防」だそう。

プロゲーマーとして欠かせないのは「腱鞘炎予防」だそう。

<プロフィール>

名前:ハットリくん(23)
出身:三重県
好きな食べ物:ハンバーグ
座右の銘:なんとかなる



「ハットリくん」とは?副業ってできるの?

―こんにちは!ハットリくんは、どこの流派の忍者ですか?

今から500年ほど前、織田信長に島を攻められた「長島一向一揆」で生き残ったのが服部党でした。どうやらその末裔のようです(※諸説あり)。島の中に城があったんですが、城は燃やされ多くの人々が犠牲になるなど、大変な戦だったと言われています。

―普通に先祖は忍者だったんですね。怪しげな副業をされていると聞きましたが何をしてるんですか?会社にちゃんと申請出してますか?

eスポーツです。内定者インターン時代の2018年2月に副業申請を出して受理されたので、ちゃんと許可は取っています。


―みんマでは、正当な理由があれば副業も認められているんですよね。ところでeスポーツってなんですか?初代ニンテンドーDSすら持っていなかった私にも分かるように教えてください。

一言で表すと「競技性の高いゲーム」ですね。電子上の画面を通してプレイします。将棋や囲碁に近いかもしれません。それをパソコンを通してやるイメージ。

一口にeスポーツと言っても、「スポーツ」の中に「バスケ」や「サッカー」があるのと同じようにeスポーツにもいろんな種類があります。僕が主に得意とするのは(※)FPS系ですね。

※FPS系...ファーストパーソン・シューティングゲームの略。第一人者視点で敵を倒していくスタイル。



―ゲーセンに置いてある、ゾンビを倒す系のやつですね。身体が斜めになるやつ。

そんな感じです。eスポーツはタイトル(作品)ごとにも競技人口が多いんです。、「リーグ・オブ・レジェンド」というタイトルの競技人口は、世界の競技人口ランキング第5位(9000万人)らしいです。


―すごっ!ちなみに1位はバスケ(4億5000万人)、2位はサッカー(2億5000万人)、3位はクリケット(1億数千万人)、4位はテニス(1億人)だそうです。年齢制限がないから競技人口が多いんですか?

大会に出場できるのは18歳からです。eスポーツって選手生命が短いんですよ。ゲームに必要な反射神経って19~20歳がピークなんです。


―シビア!ハットリくんはいま23歳ですよね?そんなに衰え感じますか?

感じます。昔の自分の配信動画とか観てると、反射神経良すぎて「きもっ」て思います。本当に、今とかなり違う。


―なんだか刹那的ですね。ゲーム自体は小さい頃からやってたんですか?

小学校からゲームはやってました。いわゆる普通の、友達と対戦するゲームです。中学校はずっとサッカーをやっていて、全然ゲームしていませんでした。高校もサッカー部で、部活を引退した高3ごろからeスポーツにハマり始めました。一番やりこんでいたのは大学時代ですね。


―へえ〜。プロゲーマーというほどなら、小さい頃から家にこもってゲーム、布団をかぶってお母さんの呼びかけにも応じず「飯はそこ置いといて」と自室の前の廊下に夕飯を置かせてゲームに励んでいるようなイメージがありますが...。

偏見にまみれていますね。ていうかそれはまた別の問題を抱えちゃってますね。でも大学2年〜3年のときはだいたいそんな感じでした。1週間ぶりに外に出たら太陽がすごく眩しかった。




「プロゲーマー」って、具体的になに?

―大学時代に一番やり込んでいたということですが、大会?出たり?とか?したんですか?よくわからないのでざっくり教えてください。

まず僕が所属していたチームはこれです。

 CALL OF DUTY BLACK OPSⅢ 全国大学生対抗戦 特設サイト より  所属していた「Ah^~My heart will be hopping^~」ではQumadaという名前で活躍していたそうですよ。

CALL OF DUTY BLACK OPSⅢ 全国大学生対抗戦 特設サイト より

所属していた「Ah^~My heart will be hopping^~」ではQumadaという名前で活躍していたそうですよ。

―イメージとちがう!強そう!名城大学[愛知]”ということは、大学内でチームを組んでいたということですか?

そうですね。毎年開催される「CALL OF DUTY」というタイトルの全国大学生対抗戦に名城大学としてチームで出場し、4年連続で決勝に進出しました。

―4年連続決勝大会進出!?紹介のされ方も重鎮みたいな扱いですね。そんなに歴史のあるサークルなんですか?

僕が大学1年のときに、有志を集めてサークルを立ち上げました。


―じゃあハットリくんが在籍していた大学1年から卒業まで、ずっと全国大会に出てたということですか?

そうですね。


―すげえ〜!

2016年の「CALL OF DUTY BLACK OPSⅢ 全国大学生対抗戦」では準優勝することができました。あれは嬉しかったですね。


―準優勝!賞金?とか?あるんですか?

30万円もらいました。賞金は分配して、ゲーミングチェアを買いました。大会は東京だったので、その夜はチームのみんなと人生初めての叙々苑に行きました。


―三重に叙々苑ないんですか?

三重に叙々苑はありません。名古屋にはあります。


―三重にとって名古屋ってどういう存在なんですか?

三重から名物を横取りした県。


―え?

赤福も天むすも、もとは三重の名物です。鬼畜の所業としか思えません。


―でも、「ちょっと都会に出るかな〜」ってときは名古屋に行くんですよね?

行きます。三重には何もないので。


―プロゲーマーとして活躍していて、出会いなどはありましたか?

HN(ハンドルネーム)でしか知らなかった相手と全国大会で実際に会って、そこから飲み友達になるとかはあります。そのおかげで全国に知り合いができました。あと、この前うちの社員のお子さん(男子中学生)がオフィスに遊びに来たときに、僕の配信を観てくれていて「ハットリさんですよね?」と話しかけてくれました。HNじゃなくて本名で認知されていたことにはちょっとビビりました。


―普通に有名人。

 故郷・三重も名古屋のことも笑いながらディスるハットリくんは、すっかり東京に魂を売っていましたよ。

故郷・三重も名古屋のことも笑いながらディスるハットリくんは、すっかり東京に魂を売っていましたよ。

―ずばり、eスポーツの何が楽しいんですか?

頭だけで対等に戦えるってことです。いわゆる身体を使うスポーツは、体格や力の差で差がつくことがありますよね。eスポーツはそれがなくて、頭とリモコンさえあえば全てが対等です。そして、勝利の喜びはサッカーをやっていたときと同じ、いや、それ以上にあります。

eスポーツは基本教えてくれる人がいないので、自分たちで強くなるための方法や作戦を考える必要があります。考えて実践したことが失敗か成功かはすぐ結果として分かるし、すぐに改善に繋げられる。そこがすごく面白いですね。

―深いですね。愛知と三重の長年の確執よりも深い。現在は大学時代に所属していたチームを脱退しているということですが、今もプロゲーマーとして活躍しているんですか?

副業申請しておいてなんなんですが、実は今はあまりゲームをやっていないんです。ゲームより仕事のほうが楽しくて。




ハットリくんのこれから

―え...!もしかしていい感じに着地させようとしてくれてますか?

というのも、今の仕事のスタイルとeスポーツって近しいところがあるんですよね。僕がいまやっているのは、くらしのマーケット全体の現状や課題を把握して、どうやったら改善できるかを考え各部署に方針を伝える“カテゴリマネージャー”という業務です。

 会社の未来を見据えるハットリくん。同期の中では「感情がない」ことで有名です。

会社の未来を見据えるハットリくん。同期の中では「感情がない」ことで有名です。

みんなのマーケットはITベンチャー企業で、まだまだ成長途中です。やる施策は新しいことばかりなので、成功例もなく教えてくれる人もいません。自分で課題を見つけて施策を実行し、成功したのか失敗したのかがすくに分かる。そこで得た気付きを次の施策に活かす。これを繰り返すことで、会社全体の成長につながっていくんです。すごく楽しいですね。

あと、オフィスにはゲーム環境がかなり整備されているので、正直それで満たされているところはあります。

iOS の画像 (6).jpg
iOS の画像 (7).jpg
 オフィスにあるゲーム機たち。就業後はビール(夜18時以降はオフィス内で飲酒OK)を飲みながらゲームをしている光景をよく目にします。

オフィスにあるゲーム機たち。就業後はビール(夜18時以降はオフィス内で飲酒OK)を飲みながらゲームをしている光景をよく目にします。

―めちゃくちゃキレイに着地させてくれた!ハットリくんありがとう!


いかがでしたか?みんなのマーケットには個性豊かなメンバーがいっぱい。業務に生きるスキルであれば副業だってOKです。一緒に働きたい!Qumadaに会いたい!そんなあなた、お待ちしてますよ。中途・新卒採用は通年で行っています!