TAIYU/KASU

─かーすー(新卒1年目)がインターン先として何となく選んだ、みんなのマーケット株式会社。この選択がすべての始まり。たいゆー(新卒2年目)との出会い。ふたりの始まり。2人ともインターンからの入社ですよね。なぜこの会社のインターンに?

TAIYU:インターンの求人サイトでざっと見て「面白いサービスやってるな」「自由そうだな」ってインスピレーションで選びました。

KASU:僕もです!インターン募集記事によくある「意識高い学生・求ム!」というのもなかったし、「意味不明なくらい学生に厳しいということはなさそう」というのが伝わりました(笑)

TAIYU:インターンやるってだけで意識高そうとか思われるけど、やだよね、あの感じ。

KASU:いやですね(笑)

TAIYU:周りはけっこうインターンしてたなぁ。

KASU:え、すごい。僕の周りはあまりいなかったです。

TAIYU:というか、ぶっちゃけ居場所なかったんだよね、大学に。だから俺はインターン探した(笑)

─実際、この会社にインターンから社員として入社して働いてみてどうですか?

KASU:「自由」って企業PRとしてけっこう見るんですけど、この会社は自由だけどやらなくちゃいけないことはやる、ってゆうメリハリがあって素敵です。あと、こんなぺーぺーの僕にもちゃんと叱ってくれるのがすごいなって。僕が不祥事(…)を起こすとCOOは真剣に叱ってくれて、CEOはビンタとアイスバケツチャレンジしてくれました。あとは理不尽だなと感じたことがないです。他で働いた経験はアルバイトしかないですが、その時の「理由なく年長者をたてる」「理由なくパートさんのご機嫌取り」は本当に嫌でした。

TAIYU:俺そんな経験ないわぁマジで。怒られたこともないし理不尽さも感じたことない人生で。まぁでもこの会社が「自由」なのはマジだね、これはほんと言える

─例えば何が自由なんですか?

TAIYU:出勤・退勤時間

KASU:服装髪型

─確かにそれ、フタあけたら実際は違うって会社本当に多いですよね。暗黙の了解で意味のない時間に出勤・退勤したり、服装髪型自由だけど結局個性を殺したオフィスカジュアルだったり。2人ともマーケティング本部で採用ですよね、どんな仕事をしているのですか?

TAIYU:くらしのマーケットを利用してくれるユーザーと出店者の獲得が僕たちの仕事です。広告だったりメルマガだったり電話営業だったり、色んなツールやチャネルを利用して、「くらしのマーケット」に興味をもってもらってユーザーには予約してもらう、出店者には登録してもらうよう働きかけます。かーすーくんには全体を見る視点で物事を考えられるようになってほしいので、俺の意図はあえて伝えず業務を今は降っています。

KASU:要所要所での獲得のための業務をやっていたけど、今後はなんでこのチャネルを選んで、このツールでやるのかを考えて動けるようになりたいです。たいゆーさんのように。つらいなぁ、自分ほんと仕事できないなって思うところがまだまだあるので…。

TAIYU:俺、仕事できなくてつらいって思ったことない。やってる仕事が「これ意味ないじゃん」ってなるとつらいけど、じゃあそんな意味ないことすぐ辞めればいいじゃんって自分の判断で辞められるのがこの会社のいいところ。

KASU:(たいゆーを憧れの目でみつめる)

TAIYU:広告で出店者獲得狙うとき、最初はもうとにかくバンバン広告打ってたんだよね、獲得数ほしくて。でも広告って出店者獲得において広く打つことはあんまり意味ないかも?届いてないなこれって判断して思い切ってどんどん削ったら、時間はかかったけど獲得数も過去最高・CPAも6分の1になった。こっから学んだことはお金かけて直近でガッと伸ばすよりも半年後1年後を考えて即決をすること。やめる、って大事。

KASU:(たいゆーを憧れの目でみつめる)僕は業務効率を考えて「今までやっていたことを変える」ことを意識してます。もっとこの仕事が簡単にできないかな、って常に考えてないとやること過多になりすぎて死にます。

TAIYU:俺も業務効率はマジで意識してる。機械やツールやシステムに任せられるものは任せたほうがいい。だって無駄だもん、それを人間がやるの。最初はお金かかるかもしれないけど、作業効率が半分になってくらしのマーケットのサービス自体がよくなればそこで売上がのびて返ってくるから。

─2人は他に内定もらってたけど、なんでみんマに?

TAIYU:この会社のことを一番知ってたんで。だって他の会社で働いたことないから知らないですもん。あと他社に入社したら大学の二の舞なりそうだなと思って、めちゃくちゃ浮くか、個を殺して埋もれちゃうだろうなって。俺は早くエースになりたかった、年功序列の会社とか大企業だとそれは絶対無理。

KASU:僕は営業はしゃべりが下手で無理だからとりあえずエンジニアって感じで受けた他社で内定でて、内定式もでましたよ。でもその内定式で役員・社員の目が死んでたんですよ。これ将来の自分かなって思うと本当に嫌でした。あと、実は、この会社に入りたかったんです、ずっとずっと。だからCEOやCOOからオファーこないかなって待ってたんです。でも先輩に「内定もらったかどうかじゃなくて、自分がこの会社に入りたいかどうかじゃない?」って言われて、ハッてなって。自分からこの会社に入りたいって言いました!

TAIYU:かーすーくんかっこよすぎない??ぶっちゃけ俺はモテるかどうかだったけどね、就活の軸は。でもCEOとCOOのトップ2人に「これくらいの費用をお前に託すから、やってくれない?」って言われて、「超たのしそう」と思ってここに決めました。だって他にそんなこと言ってくれる会社なんて絶対ないもん。超たのしそうじゃん。

─就活中の新卒の子に伝えたいことありますか?

KASU:肩書きとか待遇とか度外視した上で、いきたい会社があるなら、そこにいってほしいです。それが僕にとってはみんマでした。皆さんにとってのそんな会社がみんマだといいなって思います。

TAIYU:いや東京勤務で東京に住むしかないでしょ(たいゆー鳥取出身)。これ最優先事項。地方に飛ばされてる友達は「辞めたい」って言ってます!まずは自分の感性でいきましょう! !