HINO

─まず、どの部署で何を担当しているか教えてください!

Hino:マーケティング本部で広報業務の立ち上げと、リピーター獲得という2つの分野を担当しています!

─具体的に何をされているんですか?

Hino:くらしのマーケット(以下くらマ)をもっと多くの人に知ってもらえるように、PR会社と協力してウェブメディアとか雑誌社、それから新聞社とかのメディア媒体にくらマの魅力を伝えています。

─なるほど。1日のスケジュールはどんな感じですか?

Hino:だいたい朝は8時半〜9時過ぎくらいの間に出社しますが、子供の朝の機嫌次第では時間がずれます(笑)帰りはお迎えがあるので16時半には退勤しますね。出社後は、前日の売上とかのデータを見て日々の進捗を確認してます。
あとは依頼された仕事の対応とかメールチェックしたり。毎日、絶対やりたい事、できればやりたい事をリストアップしていて、状況に合わせて優先順位をつけ直してます。自分のやりたい事をやりたいペースでできるようにスケジュールは自由に組んでいます!

─家に帰ってから仕事をすることはありますか?

Hino:ちゃんとPCに向かってっていうのはないですね。ただ、移動中とかのスキマ時間に脳内で仕事してます(笑)極力会社にいる時は「考える」っていう作業を減らしたいので、空き時間に脳内で考えて、会社ではアイディアとかをカタチにする「アウトプット」に集中するようにしてます!(キリッ!

─(なんかすごい…できる人や…)でも繁忙期とか時期によっては残業が必要な事もあったり…?

Hino:ないですね!(ズバッ)くらマで扱うサービスの繁忙期はありますけど、マーケティングってそもそも先回りして予約を分散させたり増やしたりする仕事なので、繁忙期にひっぱられてたらあかんよなって。
残業せな回らへん!みたいになった事は入社して3年間で一度もないです。ちゃんと決めた時間に帰ってます。あと会議も少ないですよね。週一の定例会議があるくらいで。

─入社してから残業してないってすごいですね。でも子育てと仕事の両立って大変じゃないですか。上手くいかないこともありますよね?(正直あるでしょ?あるよね?

Hino:多分あるけど気にしてません!(笑)ご飯作れへんかったら買えばいいし、家が散らかってても死なへんし、まあええかって感じです(笑)仕事は仕事、家庭は家庭で自分のペースで動けてるのでストレスはないですね。私は社歴が長いので、後輩には「仕事をする時は仕事をする、帰る時は帰る」そういうメリハリをつけて「マイペースで働く」姿を見せていきたいです。

─(このポジティブさが美の秘訣か…)素敵なHinoさんのまわりのメンバーを教えてください!印象的なエピソードはありますか?

Hino:そうですね〜、私がまだ前の会社で働いてる時、友人を介して浜野さん(社長)と知り合って、みんなで何回か飲んだりしてたんですけど、一回私と友人が家でお好み焼き作ったんです。でも、なぜかでろんでろんになって固まらなくて、たこ焼きでええか〜!って使い回したんですけど…その美味しくも不味くもないたこ焼きを、グルメな浜野さんは無言で食べてくれました(笑)

─優しいですね!(笑)

Hino:でも美味しいとは絶対言わないんですよ(笑)この人嘘つかへんな〜!お世辞言わへんな〜!正直な人やな〜!って思いました(笑)

─確かに。浜野さん正直ですよね(笑)

Hino:正直やけど、人を傷付けることは言わへん人ですね。その飲みの席で、普段あんま喋らへん浜野さんがビジネスに関する事にだけは口数が多くなって(笑)すごいくらマの事を喋ってくれたんです。その話が面白くて、興味がわいて最終的に転職に繋がりました。

─そうだったんですね!前はかなりの大手で働いてたとか。たった社員4人の会社に転職するって怖くないですか?

Hino:どこに転職しても不安はあるし、むしろ大手にいる事のほうが不安でしたね。何千何万という社員の中で自分じゃなくてもできる仕事がほとんどやったし、先輩を見てても自分の能力も頭打ちになっていくのが見えていたので。大手だとなかなか「変化」に対して柔軟に対応できなかったりスピード感が遅かったりして…。

─大手ならではのデメリットですよね。みんマで働く事のメリットってなんだと思いますか?

Hino:自分がトライした事に対して「NO」と言われない事ですね。前の会社で、業務効率化のために大学時代のプログラミングの経験を活かして、データ処理をすばやくできるような仕組みを作った事があったんですけど、上司からは「個人的に使うのはいいけど公で使用はできない」と言われました。でもこの会社では「信用できない」とかも言われなくて、新しいツールを使うとか、何かにトライするってなった時に躊躇なく「GO」って言ってもらえるのが嬉しいですね。手をあげれば違う部署の勉強会にも参加できるし、やりたい仕事をさせてもらえたり、勉強する機会をもらえたり。そういう「学びを応援してくれる」社風が好きです。

─必要に応じて参考書も買ってもらえますしね!他に、みんマの良いところ!面白いところを教えてください!

Hino:みんな全力ですよね(笑)仕事も飲み会も遊ぶのも全力で。しかもそれを人に強要しーひんっていうのが面白いなと。◯◯するよ!っていうお知らせだけあって参加は自由っていう。参加しなくても「なんで来ーへんの?」とはならへんし、参加すれば絶対歓迎してくれる。嫌だけど参加しなきゃいけないみたいな雰囲気がないのは珍しいし面白いと思います。

─ありがとうございます!みんマについてたくさんお話が聞けたところで、最後に就活生に一言お願いします!

Hino:大手からスタートアップの会社に来て思ったんですが、無条件に大手を希望する人には「大きい会社の一齣でいいの?」って聞きたい(笑)ちゃんと会社を動かしてるっていう実感を得たければ、ある程度のリスクを背負ってでもベンチャーで働く事にチャレンジしてみてもいいんじゃない?って思います。というか大きい会社でもリスクはあるし(笑)
今自分が携わっている業務でどんな事が身につくのか、次は何を勉強しよう?どんなスキルアップしよう?って、「会社のため」だけじゃなくて「自分のため」にも働ける環境が一番だと思います!