【会社に猫がいる幸せ】Misoさんが語る、シーちゃんの魅力。

「猫がいる会社」といえば、ご存じ、みんなのマーケットですよね。それでは、「みんマのアイドル」といえば......?

“シーちゃん” という答えに、異論はないと思います(※筆者調べ)。

端正な顔立ちに、愛くるしい脚先の白くつ下模様。君はなんて美しいんだ。

DSCF0849.JPG
DSCF0808.JPG

シーちゃんは誰もが認める「美人さん」なのですが、いつもすまし顔で、みんなからはクールな印象を持たれがち。誰にでも懐く、オスのジャンゴとは対照的です。

そんな「ツンツン美女」の心を、社内で唯一(?)掴んでいるのが、Misoさんです。テクノロジー本部・UI/UXチームでデザイナーとして活躍されています。


今回は、そんなMisoさんにインタビュー!

DSCF1047.JPG

> シーちゃんのハート、どうやって掴んだの?Misoさんだけが知る、シーちゃんの意外な一面とは?

謎に包まれていた、Misoさんとシーちゃんの関係に迫ります!



ふたりの距離の、縮まり方。

ーーMisoさんってシーちゃんとすごく仲いいですよね。いつからなんですか?

入社当初から仲良しでした(笑)僕が入社したのは3年前なので、シーちゃんが小さい頃からいつも遊んでいたというわけではないんです。だから、周りの社員から「シーちゃんって人に懐くんだ!」と驚かれて、それがすごく嬉しかったのを覚えています。


――どんな禁じ手を使ったんですか(笑)

猫用おやつのチャオチュールです。当時、隣の席だったある社員から「これ猫にあげていいよ」と言われてあげてみたのがきっかけでした。


――シーちゃんにだけですか?

シーちゃんとキャンちゃん(※ジャンゴの愛称)両方にあげてました。

そもそもなんだけど、僕そこまで猫に対して興味なかったんですよ。でも、昔から動物が何か食ってるのを見るのが好きで。それが目的でチャオチュールを買い与えてました(笑)当初は、シーちゃんとキャンちゃんの区別さえ付いてなかったと思います。


――てっきり、Misoさんはシーちゃんに猛アタックしてたのかと。

いや(笑)違います。たまたまシーちゃんがそのおやつをすごく気に入ってくれて、気づいたら、彼女が毎日僕のデスクに来てくれるようになりました。いきなりというよりは、だんだんシーちゃんとの距離が縮まって、好きになっていったという感じです。

あとね、シーちゃんはこうやって腰をトントンってすると喜ぶんですよ。

DSCF1079.JPG

だから、シーちゃんのハートを掴む術があるとすれば2つかな。「チャオチュール」と「腰トントン」です。彼女にはたぶん、おやつ&マッサージ係だと思われてます(笑)


Misoさんにとって、シーちゃんの存在とは?

DSCF1048.JPG

――シーちゃんの魅力って何だと思いますか?

基本的に性格悪いところです。ほんと悪いんですよ、シーちゃん。


――それは人間でも...?

そうですね。異性でもそういう人にすごく惹かれます。シーちゃんの性格悪くて強欲そうな感じが素敵だなと。シーちゃんはおやつがないと分かったら、すぐどっかへ行っちゃうんです。そんなところが逆に魅力的だし、羨ましかったりもします。

IMG_20181106_114408.jpg

あと、シーちゃんって自己チューなんですよ。基本「自分がこうしたい!」と思ったことしかやらない。そんな彼女に自分が選ばれてるって思うとすごく嬉しいですね。「おやつ&マッサージ係」という条件付きですけど(笑)


――シーちゃんに癒される瞬間を教えてください。

このあいだ、ダンボールの中でシーちゃんが寝ているのを見つけたんですよ。あえて僕はシーちゃんに触れないで、少し離れたところで寝ていました。そしたら、シーちゃんの方から近づいてきて......

Image from iOS.jpg

前脚で僕のこと触ってくるんですよ。微妙に肘とかに触れる感じで。


――意外!いつもツンツンなのに、甘え方がぎこちないのがいいですね。

(笑)すごい癒やされますよね。ほら、見てください。寝顔も寝相も......かわいいんです。

IMG_1321.JPG

仕事の邪魔をしてきてもシーちゃんなら許せます。

IMG_20181106_114052.jpg
IMG_9859.JPG

――Misoさんにとって、シーちゃんってどういう存在ですか?

シーちゃんを「猫」というジャンルで一括りにしたくないですね。猫にそんな興味はない。でも、シーちゃんは好き。僕にとってシーちゃんはシーちゃん。唯一無二の存在です。


――Misoさん、たくさんのシーちゃん愛をありがとうございました!撮影に協力してくれたシーちゃんもありがとうね。

DSCF0794.JPG